ニキビ顔の私に希望の兆し!噂で聞いたミノマイシンにお願い

ニキビ治療にも使える万能薬、ミノマイシン

お肌のお悩みとして最も多いと言っても過言ではないニキビですが、これまで世の中には沢山のニキビ治療薬が登場してきました。
自力で治すために洗顔、毛穴ケア、塗り薬、サプリメント、生活習慣や食生活の見直しなど、治療には沢山の方法があります。
では最も確実なのはなんの治療法でしょうか?
それは、「医薬品」です。
ニキビに悩まされたら皮膚科に行き、治療する方も多いですが、そこで大体処方されるのは似たようなお薬が多いのです。
その中でも多く処方されているのが、『ミノマイシン』というニキビ治療薬です。
有効成分ミノサイクリンには、細菌が増える際に必要なタンパク質の合成を阻止するという働きがあります。
様々な炎症や感染症を治療するための抗生物質で、マイコプラズマやクラミジアなどの症状に効果的ですが、ニキビ治療薬としても皮膚科で多く処方されているお薬の1つです。
特に赤ニキビは治りにくい、痛い、など、毛穴に詰まった皮脂に細菌が繁殖し炎症が生じてしまうという厄介なものですが、
この薬は殺菌力が非常に強いので、服用を続けることでだんだんとニキビが小さくなり、次第に肌が綺麗になっていきます。
ですが、早く治したいからといってお薬を飲み過ぎてしまうと、腸内細菌叢を崩して下痢になってしまう場合があるので注意が必要です。
腸内細菌叢を崩してしまうと、ミノマイシンに対して効かない耐性菌が発生してしまうので1~2週間の使用に留めましょう。
また、ミノマイシンにはジェネリック医薬品もあり、『ディバイン』、『アポミノマイシン』などがそうです。
ジェネリック医薬品は通常の先発薬よりも安価で購入することができ、なおかつ同等の効果を期待できます。
肌トラブルは長期的な治療になりますし、その度に皮膚科に行くとなると治療費も莫大なものになります。そういった場合にジェネリック医薬品を活用しましょう。
ジェネリック医薬品は病院での処方だけでなく、海外医薬品通販サイトにて、個人輸入も可能です。
是非ミノマイシンでしっかりと治療をして、綺麗なお肌に生まれ変わってみませんか?